• DD UNIT

【シンプルたき火料理の勧め】

最終更新: 2019年8月25日


ブログの方をご覧頂き有難う御座います。プロデューサーです。 皆さんが思い浮かべるバーベキューとは道具を持ち、炭を入れ、網で焼く。 これを一般的にイメージすると思います。 弊社インストラクターの場合は、それらを使いません。 基本的に現地調達のワイルドな方法です。知識があると荷物は少なくなります。

それではインストラクターブログをご覧下さい。


キャンプの楽しみはいろいろありますが、食事も一大イベントじゃないでしょうか?

荷物を減らしたい人や食事時間を短縮したい人は、レトルト系も選択肢に入れると良いでしょう。

昔と違って、美味しい商品がたくさんあります。

これを言っては元も子もないですが、自分で一から作るよりも美味しかった!なんて事もありえます(笑)

車で行くオートキャンプであれば、ダッチオーブンもオシャレですし、雰囲気がグッと上がります。

カッコよく見せたい! 女の子にモテたい! キャンプでスカシたい!

そんな人はぜひダッチオーブンを使いこなしてください。


RYOの食事スタイルは、ズボラスタイルです。

石焼きBBQ、ステーキ、焼き芋、焼きトウモロコシ、串焼き、などなど。

基本的に焚火料理です。

ズボラなので、調理器具は何も持って行かない事が多いです。

食材だけ、道中のスーパーで購入するのが基本スタイル。


石焼きBBQは、なるべく平たく大きめの石を探し川で洗います。

※最初から濡れている石は絶対に使わない!

それを焚火の中へ入れてガンガン熱します。

焚火の勢いが落ち着いたら、石の上の灰を払い落として食材を乗せるだけ♪


ステーキは熾火(焚火の炎が小さくなり落ち着いた状態)の上にそのまま肉を乗せても焼けますが、お勧めはアルミホイルに軽くくるんで焚火の中に入れてやると、オーブンで調理したようになります。


トウモロコシも皮付きのものを、焚火の隅に置いておくだけです。

串焼きの串や、箸、器は、川原の竹からノコギリやナイフを使って作るので、持っていくのは調味料と、気分次第でアルミホイルぐらい。

当然荷物は小さく軽いです♪


準備するものが少ないと、移動時だけでなく後片付けも簡単だし、保管場所も少スペースで十分。

被災時にもそのまま使えるテクニックです。

試してみてください♪








 メール:m3dw@ddunitfounder.com 
​TEL 06-6948-6727

平日AM10:00~PM6:00まで。 

土曜・日曜・祝日はお休みとなります。
DD UNIT (有)M3DW (株)S&T OUTCOMES