• DD UNIT

【ラフティングキャンプ】



皆さん、夏休みはいかがでしたか?

RYOは先週キャンプしてきました。


初日はボートで川を下り、その晩から山へ入り翌日も山を歩き、最後はまた川で泳いでから帰路につきました。


天気は、両日ともに曇りときどき雨だったので、暑すぎず快適。

今回のキャンプは焚火の予定がなかったので、少しぐらい雨が降っても特に問題なし。

雨が降ると濡れるじゃないか!ですって?





夏に山に入ると、どうせ汗でズブズブになりますから、小雨程度ならあまり関係ありません。もちろん、降りっぱなしはテンション下がりますけどね。


この季節の川は最高に気持ち良かったですよ♪

山に入ったのは…訓練みたいなものです(笑)


ところで、キャンプ初心者や未経験者から、キャンプの服装についてアドバイスを求められる事があります。


動きやすくて汚れてもいい服なら何だっていいんですが、テント泊やそれ以上ハードなキャンプならちょっとしたポイントをおさえる事で、快適になりますのでご紹介します。

※夏のキャンプを前提にお話します。


まずは、必ず濡れることがあると思って準備してください。

海や川や湖に入る、雨に濡れる、汗をかく、日本の夏キャンプは濡れるものです。





そして、長時間濡れっぱなしだと、不快ですし体が冷えます。

もう一つは、BBQや焚火をするなら、化繊の服は溶けやすいので、要注意。

この2点をふまえて服装を考えてください。

具体的には、雨具や着替えの準備、素材の確認などなどですね。


RYOがどうしているか?を少し紹介すると、長袖と半袖のシャツ、水着が、夏のマストアイテムです。


夏でも長袖も持ちます。

理由は、防寒、虫よけ、ケガ予防。

夏場、防寒を甘く見る人がいますが、天候や時間帯、地形次第で、びっくりするほど冷えるときがあります。公共の交通機関の中も要注意。


半袖シャツは、川に入るときも着たままのことが多いです。

Tシャツよりも涼しいですし、濡れてもすぐに乾きます。


水着はもちろん泳ぐとき用ですが、雨がひどい時にも着ていることがあります。

理由は、濡れたコットンの服が直接体に触れていると、体温をすごく奪うからです。


今回紹介した具体例は、一例ですので、みなさんのキャンプスタイルにあった服装を見つけてください。

今までよりも快適なキャンプが楽しめますよ♪

 メール:m3dw@ddunitfounder.com 
​TEL 06-6948-6727

平日AM10:00~PM6:00まで。 

土曜・日曜・祝日はお休みとなります。
(株)DD UNIT (株)S&T OUTCOMES